項目 データ
作曲 アンドリュー・ロイド=ウェバー
作詞 ティム・ライス
上演 1976年 コンセプト・アルバム
1978年 ウエスト・エンド
1979年 ブロードウェイ
受賞 ローレンス・オリヴィエ賞 新作ミュージカル賞
トニー賞(ミュージカル作品賞.オリジナル楽曲賞.脚本賞)

エビータ(Evita)』はアンドリュー・ロイド=ウェバー作曲、ティム・ライス作詞によるミュージックの傑作です。
日本では、1982年より劇団四季のレパートリーとして上演されています。
またミュージカル公演の他、マドンナ主演のミュージカル映画『エビータ』(1996年)でも大きな注目を集めました。
物語は実在するアルゼンチンの人物エヴァ・ペロンを描いています。

ここでは『エビータ』のあらすじを、曲と対応して解説していきます。

↑ その他のミュージカルはコチラから

『エビータ』の簡単なあらすじ

operastage
時間のない方のための簡単な「30秒あらすじ」

【第1幕】
アルゼンチンの貧しい家庭に生まれたエビータは、女優を夢見てブエノスアイレスへ旅たちます。
そこでエビータは後に大統領となるペロン大佐と出会い、愛人関係となります。

【第2幕】
大統領夫人となったエビータは、政治にも介入するようになります。
貧困層を救済する活動は、独裁的でもあったため、カリスマ的人気を獲得する一方で批判も出ます。

エビータはがんに侵され、彼女の激しく短い人生は33年で幕を閉じます。

『エビータ』曲の視聴

【AWA】

 一部視聴の場合は、こちらのAWAをご利用ください。
左下のジャケットマークをタップすると、曲順・曲タイトルが見やすくなります。

【Spotify】

 全曲を聴きたい場合はSpotifyがおすすめです。
無料会員になるとパソコン・タブレット等で全曲再生できます。
スマホ再生の場合はシャッフル再生のみです。

第1幕:『エビータ』のあらすじ

エビータの死を国民が悲しんでいる

grave

1.Requiem for Evita(レクイエム)

舞台はアルゼンチン
1952年7月26日、エヴァが亡くなった日
皆がエヴァの死を嘆き、レクイエムを歌っています。

 エヴァ・ペロン
実在した人物(1919-1952)、通称エビータ。
女優として活躍したのちにペロン大統領と結婚。
その後は政治にも介入するようになる。
子宮癌により33歳の若さで亡くなる

2.Oh What a Circus(こいつはサーカス)

皆がエヴァの死に悲しむ一方で、チェは「彼女は本当に素晴らしい人か?」と皮肉的に歌います。

 チェ
物語の進行役として度々登場する。
アルゼンチンの政治家、革命家チェ・ゲバラがモデルとなっている。

舞台はエビータが15歳の頃にタイムスリップする

tango

3.On This Night of a Thousand Stars

1934年、エヴァは15歳の頃。
まだ純粋なエヴァとタンゴ歌手マガルディとの初恋の様子を、チェが歌い上げる。

4.Eva, Beware of the City

エヴァはマガルディに「ブエノスアイレスに連れて行って」と頼みます。
マガルディは渋々了承します。

女優を目指すエビータがブエノスアイレスに到着する

BuenosAires

5.Buenos Aires(ブエノスアイレス)

エヴァはブエノスアイレスに到着します。
そして「大女優になる夢」を歌い上げます。

 【史実】
ブエノスアイレスへ来た当初、実際のエヴァは、モデルの仕事と高級売春婦で生計を立てていました。

6.Goodnight and Thank You

エヴァは初恋の相手マガルディとすぐに別れ、成り上がる道を模索します。(Goodnight and Thank You)
一方、将来の大統領でありエヴァの妻でもあるペロン大佐が、政治の世界に入ってきます。(The Lady's Got Potential)

チェがその様子を歌い上げます

エビータがペロン大佐と出会い、愛人となる

trumpet

7.The Art of the Possible

ペロン大佐は次第に権力を持ち始めます。
そんな中、遂にエヴァとペロン大佐が初めて出会います。

8.I'd Be Surprisingly Good For You

エヴァはペロンに「私はあなたの力になれる。」と語ります。

 フアン・ペロン
実在の人物で、アルゼンチンの軍人・政治家(1895-1974)。
大統領に3回当選したが、独裁的政治で評価は別れている。

エビータも上流階級に顔を出すようになる

9.Another Suitcase in Another Hall

ペロンの心を手にしたエヴァは、彼の愛人を追い出し、彼との愛人関係が始まります。
エヴァは上流階級の社交界にも顔を出すようになりますが、皆はそんなエヴァをよく思いません。

10.A New Argentina(ニュー・アルゼンチーナ)

ペロンは大統領選への出馬を決意します。
エヴァは支援者を集め、皆の士気を高めます。

第2幕:『エビータ』のあらすじ

ペロンが遂に大統領となり、エビータはファーストレディーとなる

berlin

1946年、ペロンは大きな支持を得て大統領に当選します。

11.Don't Cry for Me, Argentina(ともにいてアルゼンチーナ)

エヴァが支援者たちに「私はただ国民のためになりたい。」と訴えます。

12.High Flying, Adored(空を行く)

チェがエヴァが成り上がっていく様子を語り、エヴァの満たされることのない心を歌い上げます。

エビータがヨーロッパ外遊に旅たつ

globe

13.Rainbow High

ファーストレディーとなったエヴァは、瞬く間に人気となります。
そしてペロン党を組織し、政治に介入していきます。

 【史実】
エヴァは、貧しい家庭で育ったため高等教育を受けていませんでした。
またファーストレディーが政治に介入することは公には認められていませんでした。

しかし、エヴァは積極的に国政に介入していくこととなります。

エヴァはヨーロッパ外遊の身支度を始めます。

14.Rainbow Tour

スペインではエヴァは熱狂的に迎えられました。
しかし、イタリアではペロンはムッソリーニのようだとやじられ、エヴァは娼婦と皮肉られます。
さらにイングランドでも冷遇されるなど、ヨーロッパ外遊は成功とは言えませんでした。

外遊から戻ったエヴァは、慈善活動をするためエヴァ・ペロン財団を設立します。

berlin

15.And the Money Kept Rolling In (And Out)

チェがエヴァの慈善活動について語ります。

 【史実】
エヴァは資金の再分配より労働者階級から支持を得ます。
しかし、その資金は税金の他に労働者や企業から強制的に集めた献金から成っていました。

16.A Waltz for Eva and Che(エビータとチェのワルツ)

チェは「こんなパントマイムをあとどれくらい続けるつもりか?」とエヴァの利己的な行動を批判します。

エヴァは「私に何をしてほしいの?私は金持ちのためには行動しない。」と言い返します。
そしてエヴァは、自分の命がもう長くない(子宮がん)ことを語ります。

17.You Must Love Me

エヴァはペロンの愛に気づき、彼の愛を強く求めます。

一方、周囲のエヴァへの不平は強くなります。
ペロンは「エヴァを政界から離す」よう求められます。

18.She Is a Diamond

ペロンは「エヴァは私たちを守り続けてくれた。」とそれを断ります。

死期が迫る中、エヴァは副大統領になろうとします。
しかしもはや体力のないエヴァにその力は残っていませんでした。

エビータの死

grave

19.Montage 20.Lament(エバのラメント)

エヴァは、「私は時間の長さではなく、その輝きを選んだ」と歌います。
そして33年の激しく短い人生は幕を閉じます。