『乾杯の歌』は、ヴェルディを代表するオペラ『椿姫』(La traviata)の第1幕で演奏されます。

ヴィオレッタは高級娼婦で、オペラ『椿姫』は「ヴィオレッタの家で開かれている豪華な社交界」で幕を開けます。
そして、この曲はアルフレード(青年貴族)が社交界で"乾杯の音頭"をとるシーンです。
オペラが進むにつれて、この2人は恋に落ちていくことになります。

詳しくは下記の椿姫のあらすじをご覧ください。

ここでは椿姫『乾杯の歌』の歌詞と対訳を紹介したいと思います。
それぞれの単語の意味も掲載していますので参考にしてください。
不自然な場合もありますが、歌詞と日本語訳は可能な範囲で行が対応するように訳しています。

専門家の日本語訳ではありませんので、参考程度にご覧ください。

椿姫『乾杯の歌』の演奏

メトロポリタン歌劇場2018-2019シーズン
【ヴィオレッタ】ディアナ・ダムラウ(Diana Damrau/1971年-)
【アルフレード】ファン・ディエゴ・フローレス(Juan Diego Flórez/1973年-)
【指揮】ヤニック・ネゼ=セガン(Yannick Nézet-Séguin/1975年-)
【演奏】メトロポリタン歌劇場管弦楽団・ 合唱団

椿姫『乾杯の歌』の歌詞1

【ALFREDO/アルフレード】
Libiam ne' lieti calici che la bellezza infiora,
E la fuggevol ora s'inebri a voluttà.
Libiam ne' dolci fremiti che suscita l'amore,
Poiché quell'occhio al core onnipotente va.
Libiamo, amor fra i calici
Più caldi baci avrà.

【TUTTI/全員(合唱など)】
Libiamo, amor fra i calici
Più caldi baci avrà.

椿姫『乾杯の歌』の日本語訳1

【ALFREDO/アルフレード】
乾杯しよう、美しさが飾りたてる喜ばしい杯に
そして つかの間の時が 喜びに酔いしれるのだ
乾杯しよう、愛が引き起こす甘いざわめきの中で
なぜなら、あの目が大きな力で心に向けられるから
乾杯しよう、愛は杯の間で
より熱い口づけを手に入れるのだ

【TUTTI/全員(合唱など)】
乾杯しよう、愛は杯の間で
より熱い口づけを手に入れるのだ

単語の意味

イタリア語 意味
libare 乾杯する
lieto 嬉しい、喜ばしい
calice 杯(さかずき)
bellezza 美、美しさ
infiorare 飾り立てる
fuggevole 束の間
ora 時間
inebriarsi 酔う、陶酔する
voluttà 喜び、楽しみ
dolce 甘い、穏やかな
fremito 身震い、ざわめき
suscitare 引き起こす
amore
poiché ~だから
occhio
core
onnipotente 全能の、絶大な力を持つ
fra =between(英)
più もっと多く
caldo 熱い
bacio キス、口づけ
avrà avere

椿姫『乾杯の歌』の歌詞2

【VIOLETTA/ヴィオレッタ】
Tra voi saprò dividere il tempo mio giocondo;
Tutto è follia nel mondo ciò che non è piacer.
Godiam, fugace e rapido è il gaudio dell'amore;
È un fior che nasce e muore,né più si può goder.
Godiam c'invita un fervido accento lusinghier.

椿姫『乾杯の歌』の日本語訳2

【VIOLETTA/ヴィオレッタ】
あなたたちとなら、私の楽しい時間を分かち合うことができるでしょう
この世はすべては狂気よ、喜びでないものは
楽しみましょう、愛の喜びは束の間で一瞬なのです
それは生まれては枯れる一輪の花で、もう楽しむことができないのです
楽しみましょう、焼けつくような喜ばしい言葉が私たちを招待するのです

単語の意味

イタリア語 意味
tra =between(英)
saprò sapere
dividere 分ける、分かち合う、共有する
tempo 時、時間
giocondo 愉快な、大喜びの
tutto all(英)
follia 狂気
mondo 世界
piacere 喜び、楽しみ
godere 心から喜ぶ
fugace 束の間の
rapido 速い、瞬時の
gaudio 歓喜
fiore
nascere 生まれる
morire 死ぬ
invitare 招待する
fervido 燃え立った、焼けつくような
accento 口調
lusinghiero 満足のいく、喜ばしい

椿姫『乾杯の歌』の歌詞3

【TUTTI/全員(合唱など)】
Godiam la tazza e il cantico la notte abbella e il riso;
In questo paradiso ne scopra il nuovo dì.

椿姫『乾杯の歌』の日本語訳3

【TUTTI/全員(合唱など)】
楽しみましょう、杯と歌は夜と笑いを美しくします
この楽園の中で 新たな一日が現れますように

単語の意味

イタリア語 意味
tazza コップ
cantico 賛歌
notte
riso 笑い
paradiso 天国、楽園
scoprire 発見する、むき出しにする
nuovo 新しい

椿姫『乾杯の歌』の歌詞4

【VIOLETTA/ヴィオレッタ】
La vita è nel tripudio.

【ALFREDO/アルフレード】
Quando non s'ami ancora.

【VIOLETTA/ヴィオレッタ】
Nol dite a chi l'ignora.

【ALFREDO/アルフレード】
È il mio destin così

【TUTTI】
Godiam la tazza e il cantico la notte abbella e il riso;
In questo paradiso ne scopra il nuovo dì.

椿姫『乾杯の歌』の日本語訳4

【VIOLETTA/ヴィオレッタ】
人生は喜びにあるのよ

【ALFREDO/アルフレード】
まだ恋をしていないときは

【VIOLETTA/ヴィオレッタ】
それを知らない人にそんなことを言わないで

【ALFREDO/アルフレード】
私の運命はこうなのです。

【全員】
楽しみましょう、杯と歌は夜と笑いを美しくします
この楽園の中で 新たな一日が現れますように

単語の意味

イタリア語 意味
vita 人生
tripudio 歓喜
quando when(英)
amare 愛する、恋する
ancora まだ
dire 言う
ignorare 知らない
destino 運命
così このように