項目 データ
作曲年 1810年
出版年 1867年
演奏時間 約3分

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven/1770年-1827年)のバガテル「エリーゼのために」は、1810年に作曲されました。
約3分の短いピアノ小品ですが、ベートーヴェンの作品の中でも「最も知名度の高い作品」の一つとして挙げられます。

冒頭の音楽は、誰もが耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ベートーヴェンは20代後半から難聴に悩まされ、その苦悩から1802年には『ハイリゲンシュタットの遺書』を残し自殺も考えます。
しかし交響曲第3番(1804年)頃から生きる力を取り戻し、その後10年間にわたり次々と傑作を生みだします。(傑作の森
「エリーゼのために」が作曲されたのは、そのような時期でした。

 同じころの作品としては
1808年:交響曲第5番『運命』
1808年:交響曲第6番『田園』
1808年:合唱幻想曲
1809年:ピアノ協奏曲第5番『皇帝』
1810年:ピアノソナタ第26番『告別』
などが挙げられます。

ここではベートーヴェン「エリーゼのために」の解説と名盤を紹介したいと思います。

ベートーヴェン「エリーゼのために」の演奏

イーヴォ・ポゴレリチ(Ivo Pogorelić, 1958年- )
クロアチアのピアニスト
ショパン・シューマン・ベートーヴェン・ラヴェル・リスト・スクリャービン・プロコフィエフからスカルラッティ・バッハまで幅広いレパートリーを誇る。
1978年:アレッサンドロ・カサグランデ国際コンクール第1位(イタリア、モンテルニ)
1980年:カナダ、モントリオール国際コンクール第一位(審査員満場一致)
1980年:ショパン国際ピアノコンクール本選落選(ポーランド)、審査員特別賞受賞。奇抜な演奏が議論を巻き起こす。審査員のマルタ・アルゲリッチは「彼は天才」と語り落選を抗議し、審査員を辞任する騒ぎとなった

無料楽譜

ベートーヴェン「エリーゼのために」の無料楽譜(IMSLP/外部サイト)

 IMSLPは、パブリックドメインの楽譜が無料でダウンロードできるサイトです。
著作権の切れたクラシック音楽作品を中心に、膨大な楽譜が収蔵されています。
IMSLP:免責事項
IMSLPは、IMSLPにおいてダウンロードするために提供されているファイルが、あなたの国でパブリックドメインであることを保証しません。そしてそのファイルがいかなる種類の著作権の状態であるかというかということについて、何ら法的な義務、責任を負いません。

「エリーゼ」とは誰なのか?

「エリーゼのために」において必ず語られることは、「エリーゼとは誰なのか?」ということです。
現在の研究では、それはテレーゼ・マルファッティ(Therese Malfatti/1792年-1851年)ではないかと言われています。

「エリーゼのために」を作曲した年(1810年)に、ベートーヴェンはテレーゼに求婚をしたそうです。(諸説あり)
求婚したかどうかは諸説あるものの、ベートーヴェンとテレーゼが親しい関係であったことは間違いないようです。
ベートーヴェンは生涯独身でしたが、彼の恋愛のエピソードはいくつも残されています。

 ソプラノ歌手エリザベート・レッケル(Elisabeth Röckel)のために作曲したとい説もあるそうです。

「Für Elise?」「Für Therese?」

「エリーゼのために」のタイトルは、見つかった楽譜に「Für Elise」と書かれていたことから名付けられました。
しかし、この文字は読むことが難しく「Elise」ではなく本当は「Therese」だったのではと、現在のところ考えられています。

「エリーゼのために」の楽譜は、テレーゼ・マルファッティが所有していました。
そのことから「Therese」が自然なのではということです。

ただ残念なことに、その自筆譜は現在は残っていません。
そのため、真相は謎に包まれたままになってしまいました。

ベートーヴェンの死後40年後に公開

「エリーゼのために」の楽譜は数人の手を渡って、1867年に公開されました。
それはベートーヴェンの死後40年も経過した頃でした。

「エリーゼのために」の頃のベートーヴェン

「エリーゼのために」が作曲された頃(1810年)は、激動の時代でした。

1809年にナポレオン軍がウィーンに攻め入り、ウィーンの街は戦地となります。
半年間戦争は続き、市民たちの多くはウィーンから逃亡しました。
そんな中、ベートーヴェンはウィーンに残りますが、創作は思うように進まなかったようです。

ベートーヴェンがテレーゼと知り合ったのもこの頃(1809年)でした。

ちなみに『ピアノソナタ第26番(告別)』(1809-1810)もこの頃に書かれた作品です。
この『告別』もテレーゼが関係しているのでないかという説があります。

ベートーヴェン「エリーゼのために」の名盤

アシュケナージによる名曲選
アシュケナージがお馴染みの名曲たちを演奏している名曲選です。

【収録曲】
01:エリーゼのために
02:トロイメライ「子供の情景」
03:「雨だれ」前奏曲第15番変ニ長調
04:ソナチネ「ピアノ・ソナタ第20番」ト長調
05:悲愴「ピアノ・ソナタ第8番」ハ短調
06:夜想曲 第2番 変ホ長調
07:古城(「展覧会の絵」より)
08:別れの曲(練習曲第3番ホ長調)
09:幻想即興曲(即興曲第4番嬰ハ短調)
10:小犬のワルツ(ワルツ第6番変ニ長調)
11:アラベスク・ハ長調
12:亡き王女のためのパバーヌ
13:鐘「前奏曲嬰ハ短調」
14:メフィスト・ワルツ第1番

ウラディーミル・アシュケナージ(Vladimir Ashkenazy、1937年7月6日 - )
ソヴィエト連邦出身のピアニスト・指揮者で、20世紀後半を代表するピアニストの一人。
168センチの小柄な体格で、卓越したテクニックと洗練された音楽で聴き手を魅了している。
とても幅広いレパートリーを誇り、その音楽は万人に愛されている。

1955年:ショパン国際ピアノコンクールに出場2位。アシュケナージが優勝を逃したことで、審査員が降板する騒動になる。
1956年:エリザベート王妃国際音楽コンクール優勝
1962年:チャイコフスキー国際コンクール優勝
1963年:ソ連から亡命のためにロンドンへ移住
1970年:指揮活動も開始
1972年:アイスランド国籍取得
1987年:ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督に就任
1989年:26年振りにソ連に帰郷し、コンサートをおこなう