項目 データ
作曲年 1808年
初演 1808年12月22日
献呈 バイエルン国王マクシミリアン1世
演奏時間 20分程度

ベートーヴェンの「合唱幻想曲」は1808年に作曲された作品です。

ベートーヴェンは20代後半から難聴に悩まされ、その苦悩から1802年には『ハイリゲンシュタットの遺書』を残し自殺も考えます。
しかし交響曲第3番(1804年)頃から生きる力を取り戻し、その後10年間にわたり次々と傑作を生みだします。(傑作の森
この作品はベートーヴェンが難聴の苦悩を打ち破った後の、彼の創作意欲が最も高かった時期の作品の一つです。

 同じ頃に作曲された作品として
1808年:交響曲第5番『運命』
1808年:交響曲第6番『田園』
1809年:ピアノ協奏曲第5番『皇帝』
1810年:エリーゼのために
1810年:ピアノソナタ第26番『告別』
などが挙げられます。

演奏される機会は多くありませんが、近年では小澤征爾さんが2015年、2016年と指揮したことで日本のファンに記憶に新しい作品です。

 ・2015年9月マエストロ・オザワ80歳バースデー・コンサート(キッセイ文化ホール/長野県松本市)
・2016年4月ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(ベルリン・フィル定期公演で7年ぶりの指揮)

ここでは、ベートーヴェン「合唱幻想曲」の解説と名盤を紹介したいと思います。

ベートーヴェン「合唱幻想曲」の演奏

[00:00]:ピアノソロで始まる
[03:28]:オーケストラが加わる
[04:45]:主題が演奏される
[14:00]:声楽が加わる
[14:53]:合唱が加わる

ピアノ:ギュンター・コーツ(Günter Kootz/1929年-)
指揮:フランツ・コンヴィチュニー(Franz Konwitschny/1901年-1962年)

「運命」「田園」と同時期に「第九」の原型が生まれた

「合唱幻想曲」は、「交響曲第5番(運命)」「交響曲第6番(田園)」と同じ時期に作曲されました。

「合唱幻想曲」は、「第九の原型」ではないかとも言われています。
それは後半にソリストが登場し、合唱が加わるところです。
似ているのは形式だけではなく、音楽も第九の「歓喜の歌」を思い出すメロディーが流れます。

「第九」(1824年)は声楽と大規模な合唱を用い、斬新な音楽として当時の聴衆を驚かせました。
その15年以上前から、ベートーヴェンはアイデアを持っていたということになります。

初演はさんざんだった

初演は1808年12月22日にアン・デア・ウィーン劇場でおこなわれました。
同時に「運命」「田園」の初演もおこなわれています。

このときピアノ独奏部分は完成しておらず、ベートーヴェンはピアノを即興で自らで演奏したそうです。
またリハーサルも十分に行われなかったと言われています。
音楽が途中で崩壊してしまい、やり直して演奏したというエピソードが残っています。

初演の結果は、もちろん失敗だったようです。

歌詞も「第九」を彷彿させる!?

声楽部分の歌詞は、曲が完成した後に付けられました。
オーストリアの詩人クリストフ・クフナー(Christoph Kuffner/1780年-1846年) のものではないかという説がありますが、その詩が彼の作品の中になく、真偽は不明のようです。

ベートーヴェンが意識したかどうかはわかりませんが、「合唱幻想曲」の最後の「愛と神」が出てくる歌詞は第九を彷彿させます。

 「合唱幻想曲」の最後の歌詞

Nehmt denn hin, ihr schönen Seelen,
froh die Gaben schöner Kunst.
Wenn sich Lieb und Kraft vermählen,
lohnt dem Menschen Göttergunst. 

あなたの美しい魂を受け止めよう
喜ばしい贈り物、そう美しい芸術を
愛と力が結びつくとき
人々は神の恩恵を受ける

ベートーヴェン「合唱幻想曲」の名盤

小澤征爾、サイトウ・キネン、アルゲリッチ
こちらは2015年,2016年のセイジ・オザワ 松本フェスティバル(OMF)のブルーレイ映像です。
メインにはベートーヴェンの「交響曲第2番」「交響曲第7番」が収録されており、特典として「合唱幻想曲」が入っています。

「合唱幻想曲」は、この中の「マエストロ・オザワ80歳バースデー・コンサート」で演奏されました。
アルゲリッチは「合唱幻想曲」をレパートリーとして持っておらず、このコンサートのために練習したそうです。

完璧な演奏とは言えないかもしれませんが、二人の生ける伝説の熱量のこもった「合唱幻想曲」は必聴です。

サイトウ・キネン・オーケストラ
指揮:小澤征爾
ピアノ:マルタ・アルゲリッチ