題名 マクベス(Macbeth)
初演 1847年3月14 ペルゴラ座(フィレンツェ)
改訂版 1865年4月21日 リリック座(パリ)
原作 ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『マクベス』
台本 フランチェスコ・マリア・ピアーヴェ、アンドレア・マッフェイ
演奏時間 2時間30分

『マクベス(Macbeth)』は、ジュゼッペ・ヴェルディ(Giuseppe Verdi/1813年-1901年)の初期の傑作オペラです。
ヴェルディの自信作であったマクベスですが、初演の成功後すぐに聴衆の熱は冷めてしまいます。
また、パリでの改訂版初演も失敗に終わってしまいます。

 現在上演される版は、改訂版が多くなっています。

その後、『マクベス』の上演機会は長い間希少なものとなってしまいます。
しかし、1920年代にドイツで起こったヴェルディブームで再び脚光を浴び現在に至りました。

ここではヴェルディのオペラ『マクベス』のあらすじを紹介したいと思います。

主な登場人物

人物名 詳細
マクベス(バリトン) ダンカン王(スコットランドの王)に仕える将軍
バンコー(バス) ダンカン王に仕える将軍
マクベス夫人(ソプラノ) マクベスの妻
侍女(メゾソプラノ) マクベス夫人の侍女
マクダフ(テノール) スコットランドの貴族
マルコム(テノール) ダンカン王の遺児

医師(バス)、ダンカン王(黙役)

『マクベス』の簡単なあらすじ

時間のない方のための「簡単なあらすじ」
第1幕
魔女が「マクベスが王となる」「バンクォーが王たちの父となる」と予言します。
マクベスと夫人は、その野望のために王を暗殺し、王位を奪います。
第2幕
マクベスと夫人は、王位を守るためにバンクォーも殺害します。
第3幕
魔女たちが
「マクダフには気をつけろ」
「女から生まれたものは、お前を傷つけることはない」
「バーナムの森がお前に向かってくるまでは、恐れることはない」
と新たな予言をします。

その後、マクダフ(マクベスに妻子を殺された)が復讐のために立ち上がり、マクベスに進軍します。

 マクダフたちは枝で身を隠して進軍したため、森が動いているように見えます。

マクベスはマクダフに討たれ、予言が的中します。
新たな王が誕生し、幕が下ります。

 マクダフは切開で生まれたため産道を通っておらず、女から生まれたことになっていない。

第1幕:『マクベス』のあらすじ

魔女が「マクベスが王となる」ことを予言する

第1場:森
雷鳴と稲妻の中、魔女たちが呪文を唱えています。

そこにマクベスとバンクォーが通りかかります。

 マクベス・・・ダンカン王(スコットランドの王)に仕える将軍
バンクォー・・・同じくダンカン王に仕える将軍

魔女たちは、彼らに
「マクベスは、グラミスとコーダーの領主となり、スコットランドの王となる。」
「バンクォーは、王たちの父となる。」

と予言し、消えていきます。

そこに伝令から「マクベスがコーダーの領主となった」との知らせが入ります。
二人は予言の的中に驚き、マクベスは王になる野心を抱きます。

 コーダーの領主が処刑されたため、マクベスは突然コーダーの領主となった。

マクベス夫人が「王の殺害」を夫に命じる

第2場:マクベスの城の広間

マクベス夫人が、マクベスからの「予言について書かれた手紙」を読んでいます。

マクベス夫人は
「予言者はあなたに王を約束したわ。王になるのよ!」
と夫を王に君臨させる野望を歌い上げます。(Vieni t'affretta!)

「Vieni t'affretta!」

マクベス夫人は「ダンカン王が今夜ここに来る。」ことを召使から聞きます。
そこにマクベスが帰ってきます。

夫人はマクベスに「明日、その太陽(王の命のこと)を昇らせてはいけません。」と暗に王の殺害をほのめかします。
やがて国王一行が到着します。

マクベスが王を殺害し、恐怖におののく

マクベスは短剣を持ち、幻影に恐れながら、国王のいる部屋へ入っていきます。

やがて夫人の前に、短剣を持ち震えたマクベスが血だらけで現れます。
マクベスは狂ったように怯えて、王の殺害の様子を語ります。

夫人は短剣を取り上げ、夫を引きずり逃げていきます。

 夫人は手に着いた血を、そばで寝ていた兵士に擦り付けます。

続いてマクダフ(貴族)が国王を起こすために、王の部屋に入っていきます。
マクダフが「暗殺だ!」と叫ぶ中、マクベスと夫人は素知らぬ顔で現れます。

皆が「天よ、殺人犯にあなたの炎を落としてください!」と叫ぶ中で、第1幕が終わります。

第2幕:『マクベス』のあらすじ

マクベスと夫人が「バンクォーの殺害」を計画する

城の一室
マクベスは王になったものの「バンクォーが王の父となる」という予言が気になっています。

マクベスと夫人は「バンクォーの殺害」を計画します。

マクベスが去ると、
夫人は「新たな犯罪が必要なのよ。彼らに永遠のレクイエムを。」と歌います。(La luce langue)

「La luce langue」

バンクォーは殺されるが、彼の息子が生き残る

マクベスの城の近くの公園
バンクォーが息子を連れて現れます。

マクベスの刺客たちは彼らを殺害しようとします。
バンクォーは息子を逃がしますが、自らは殺害されてしまいます。

マクベスがバンクォーの亡霊に恐れ、錯乱状態となる

マクベスの城の大広間
マクベスの国王就任の祝賀会が開かれています。
そこに「バンクォーは殺したが、息子は取り逃がした」という知らせが入ります。

マクベスが玉座に座ろうとすると、そこに「バンクォーの亡霊」が見えます。
マクベスは恐怖に狂い、錯乱状態となり、「墓は死んだ人間を生き返らせられるのか」と亡霊に語りかけます。

皆がマクベスの罪を察知し「この国は盗賊たちの洞窟となってしまった!」と歌う中で、第2幕が終わります。

第3幕:『マクベス』のあらすじ

幻影がマクベスに「3つの予言」をする

魔女たちの洞窟
マクベスが魔女たちに「私の運命を知りたい。」と、助けを求めてやってきます。

魔女たちが霊を召喚すると、幻影が現れ
「マクダフには気をつけろ」
「女から生まれたものは、お前を傷つけることはない」
「バーナムの森がお前に向かってくるまでは、恐れることはない」

と助言します。

マクベスと夫人が「マクダフ一家とバンクォーの息子の殺害」を決意する

さらにマクベスは「バンクォーの息子が、私の王座に上るのか!?」と問いかけます。
しかし魔女たちはそれに答えず、代わりに8人の王の亡霊を見せます。

亡霊の最後に、バンクオーが手に鏡を持って現れます。
マクベスは再びバンクォーの亡霊に怯え、恐怖のあまり気を失います。

魔女たちが去ると、そこにマクベス夫人が現れます。
夫人が事の一部始終を聞くと、マクベスと夫人は今度は「マクダフ一家とバンクォーの息子の殺害」を決意します。

第4幕:『マクベス』のあらすじ

マクダフの妻子は殺されてしまった

スコットランドとイングランドの国境の荒地(遠くにバーナムの森)
マクベスに国を追い出された亡命者たちが、祖国の哀しい現実を歌っています。(Patria oppressa)

「Patria oppressa」

そこには妻子を殺されたマクダフの姿もあります。

マクダフは「お前たち皆(妻子のこと)は、あの独裁者に殺された。この父の手で守れなかった。」とその無念さを歌い上げます。
(Ah, la paterna mano)

「Ah, la paterna mano」

マクダフが復讐を決意する

そこにマルコム(ダンカン王の遺児)が現れます。
マルコムはマクダフに「バーナムの森の枝を切って手に持ち、それで姿を隠して進軍しよう」と復讐を提案します。

そして、マクダフと皆は復讐を誓います。

夫人は夢遊病となり、血痕を洗う仕草を繰り返している

マクベスの城
マクベス夫人は恐怖のあまり夢遊病となり、手を洗う仕草をしながら「血痕がまだここにあるわ…消えて!」とさまよっています。(Una macchia è qui tuttora)

「Una macchia è qui tuttora」

一方、マクベスは「マルコム(ダンカン王の遺児)の進軍」を知ります。

バーナムの森(マルコムの軍)が進軍してくる

マクベスは
「裏切者め!」
「私は恐れぬ!」
「予言者は"女から生まれたものはお前を傷つけない"と語ったのだ。」
と歌います。(Pietà, rispetto, amore)

そこに夫人の死の知らせが突然入り、さらに「バーナムの森が動いている」との知らせも入ります。

 マルコムの軍が枝で身を隠し進軍しているため、森が動いているように見えている。

マクベスは予言を思い出しますが、「死か勝利だ!」と叫び出陣します。

マクベスが撃たれ、マルコムが王となる。

戦場
それぞれの軍が衝突し、マクダフとマクベスが剣を交えます。

マクベスが「女から生まれた者は私を殺すことはできない!」と叫ぶと
マクダフは「私は生まれていない、子宮から引き裂かれたのだ!」と返し、剣をかざします。

マクベスは討たれます。
マルコムが新しい王として称えられる中で、オペラが終わります。

ヴェルディ『マクベス』の映像

タイトルロールのサイモン・キーンリーサイドが母国イギリスでの初マクベスで、素晴らしい演奏を聴かせてくれます。
ウクライナの歌手リュドミラ・モナスティルスカはこのマクベス夫人で賛辞を浴び、翌年にはメトロポリタン歌劇場へデビューし、現在の活躍へと至っています。

2011年6月:ロイヤル・オペラ・ハウス(ロンドン)

マクベス:サイモン・キーンリーサイド
バンクォー:ライモンド・アチェト
マクベス夫人:リュドミラ・モナスティルスカ
マクダフ:ディミトリ・ピッタス
マルコム:スティーヴン・エベル
など

コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団&合唱団
指揮:アントニオ・パッパーノ
演出:フィリダ・ロイド