項目 データ
初演 1871年12月24日 カイロ劇場
原作 オギュスト・マリエット(原案:カミーユ・デュ・ロークル)
台本 アントニオ・ギスランツォーニ
演奏時間 2時間40分

『アイーダ(Aida)』は、ジュゼッペ・ヴェルディ(Giuseppe Verdi/1813年-1901年)によって作曲されたオペラです。
劇中に登場する合唱「凱旋行進曲」はサッカーの試合でも使われており、音楽ファン以外でもとても馴染みのある音楽です。

ヴェルディはオペラ史において最も重要、かつ人気のある作曲家の一人で、『ナブッコ』『リゴレット』『椿姫』など多くの傑作を遺しました。
また、ヴェルディはワーグナーと同年齢で、そのことから二人は比較されることがしばしばあります。

ここではヴェルディのオペラ『アイーダ』のあらすじを紹介したいと思います。

主な登場人物

人物名 備考
アイーダ(ソプラノ) エチオピア王女で奴隷。
ラダメス(テノール) エジプト軍の指揮官。
エジプト国王(ファラオ)(バス)
アムネリス(メゾソプラノ) エジプト王女。
ランフィス(バス) 祭司長
アモナズロ(バリトン) エチオピア王、アイーダの父。

『アイーダ』の簡単なあらすじ

aida

時間のない方のための簡単な「30秒あらすじ」
エジプト軍の指揮官ラダメスは、奴隷アイーダ(敵国の王女)に恋をしています。

アイーダを愛するラダメスは、敵にそれを利用されます。
そして敵の策略にはまり、ラダメスは祖国を裏切ってしまいます。

裏切りの罪で捕えられたラダメスは、墓に生き埋めにされることとなります。
アイーダは二人で死ぬことを決意し、あらかじめ墓に侵入します。
二人は天国で永遠の愛を誓い、天へ旅たっていきます。

第1幕:『アイーダ』のあらすじ

ラダメスが、奴隷アイーダ(敵国の王女)に恋をしている

メンフィスの王宮の広間

祭司長ランフィスがラダメスに、「エジプトの軍の最高指揮官が決まった」と告げます。
ラダメスは「その戦士が私なら!」と語り、「アイーダに祖国を返してあげたい。」と彼女への想いを歌います。(Celeste Aida)

「清きアイーダ(Celeste Aida)」

そこにラダメスに恋するアムネリス(エジプト王女)が登場します。
アムネリスが彼の想いを探っていると、アイーダ(エチオピア王女で奴隷)が現れます。

 アイーダは王女の身分を隠して、敵国に捕らわれています。

ラダメスとアイーダは秘密の愛が明らかになるのを恐れます。

ラダメスがエチオピア(アイーダの祖国)を迎え撃つために、軍の指揮官に任命される

そこにエジプト王が部下を従えて登場します。
使者は「アモナズロ(エチオピア王、アイーダの父)がエジプトを侵攻してきている」ことを伝えます。
王はエジプト軍の指揮官にラダメスを任命します。
ラダメスは、「戦争だ、侵略者には死を!」と戦いに燃えます。

勝利を願い、アイーダ以外の全員が立ち去ります。
アイーダは、愛する人が祖国を攻撃する苦しみを歌います。(Ritorna vincitor)

「勝ちて帰れ(Ritorna vincitor)」

ラダメスと巫女たちが、勝利を祈る

メンフィスの火の神の神殿

巫女たちが祈りを捧げているところに、ラダメスが登場します。

祭司長ランフィスは、ラダメスに聖なる剣を授けます。
ラダメスは「エジプトの聖なる土地を守り給え」と祈り、巫女たちも続いて祈ります。

第2幕:『アイーダ』のあらすじ

アムネリスが「アイーダがラダメスを愛している」ことを見破り、憎悪と復讐心を燃やす

アムネリスの部屋

アムネリスは女奴隷たちに囲まれて、勝利の祝宴の衣装を準備しています。
そこにアイーダが悲しげな顔で入ってきます。

 アムネリスはエジプトの王女で、ラダメスに恋をしています。

アムネリスはアイーダの心を探るために、「ラダメスはお前の国の軍によって殺されてしまった」と嘘をつきます。
それを聞いたアイーダが泣きだすのを見て、彼女がラダメスを愛していることを見破ります。
アムネリスは奴隷とライバルであることを怒り、憎悪と復讐心に燃えます。

エジプト軍勝利の音楽が響く

テーベの街の入り口

祖国と神を称えながら人々が登場し、凱旋と勝利のファンファーレが響きます。(Gloria all'Egitto, ad Iside)

「凱旋行進曲(Gloria all'Egitto, ad Iside)」

国王がラダメスに勝利の冠を授け、褒美を尋ねます。
ラダメスは捕虜たちを王の前に連れてきます。

そのときアイーダが父アモナズロを捕虜の中から見つけ、二人は抱き合います。
アモナズロはエチオピア王の身分を隠し、エチオピア王は死んだと嘘をつきます。

ラダメスは王に褒美として、「捕虜たちの解放」を願い出ます。
捕虜たちは解放されるが、平和と安全の証としてアイーダの父、アモナズロは人質にとられます。

勝利の褒美としてラダメスには、アムネリスとの結婚が命じられる。

王はラダメスに「アムネリスと結ばれ、エジプト王の後継者になれ。」と告げます。
アムネリスは喜びに酔いしれ、アイーダは絶望的な愛を嘆きます。

ラダメスは、「エジプトの王座でさえも、アイーダの心ほどの価値はない。」と歌います。

第3幕:『アイーダ』のあらすじ

アイーダが「ラダメスとの密会」のために現れる

ナイルの川岸

神殿の中で司祭たちが祈る声が聞こえます。
アムネリスがラダメスとの愛を祈るために、祭司長と共に神殿に入っていきます。

そこにアイーダがラダメスとの密会のために、人目を忍んで現れます。
アイーダは、「これがラダメスとの最後の別れになるなら、ナイル川に身を投げよう」と嘆きます。
そして祖国への愛を歌います。(O patria mia)

「おお、わが故郷(O patria mia)」

アモナズロが、娘アイーダを利用する

そこに父アモナズロが突然現れます。
アモナズロはアイーダに「祖国の勝利のために、エジプト軍がどの道を攻めてくるか、ラダメスに聞け。」と言います。
アイーダは苦悩するが、祖国のためにそれを受け入れます。

ラダメスが敵の王の策略にはまり、祖国を裏切る

続いてラダメスが登場します。
アイーダはラダメスに、「私を愛しているのなら、一緒に逃げよう。」と頼みます。

そして逃げ道を聞きだした瞬間、アモナズロが登場します。
アモナズロは自身がエチオピアの王であることを明かし、ラダメスは祖国を裏切ったことに気付き後悔します。

そこにアムネリスや司祭長たちが、衛兵を連れて現れます。
ラダメスは、アイーダとアモナズロを逃がします。

第4幕:『アイーダ』のあらすじ

ラダメスは捕えられ、死罪が告げられる

王宮の広間

ラダメスは囚われの身となっています。
アムネリスはラダメスに、「アイーダを諦めれば、あなたの命が救われるように頼みます。」と言いますが、ラダメスはそれを断ります。
ラダメスには死罪が告げられます。

ラダメスとアイーダが、天国での永遠の愛を誓う

火の神の神殿の中、ラダメスは生き埋めされるために、墓の中にいます。

ラダメスのもとに、逃亡したはずのアイーダが現れます。
アイーダは、「ラダメスが生き埋めになることを予期しており、墓の中に予め入っていた。」と告白します。
そして「あなたの腕の中で死にたい。」と言います。

ラダメスはアイーダを逃すために石扉を動かそうとするが、扉はびくともしません。
二人は天国での永遠の愛を誓います。(O terra, addio)

「O terra, addio」

アムネリスがラダメスの安息を祈る中、二人は天へ旅たっていきます。

ヴェルディ『アイーダ』の映像

輸入ブルーレイ(日本語字幕ナシ)
2009年ニューヨーク、メトロポリタン歌劇場でのライブ映像です。
当時話題となった豪華な演出が高画質で楽しめます。
輸入盤で日本語字幕がないのは残念なところですが、それ以外はアイーダの決定版の一つに数えられるのではないでしょうか。
ヨハン・ボータ(ラダメス)をはじめとした歌手陣、合唱の壮大な音楽も必聴です。

役名等 演奏
アイーダ ヴィオレータ・ウルマーナ
ラダメス ヨハン・ボータ
アムネリス ドローラ・ザジック
アモナズロ カルロ・グエルフィ
ランフィス ロベルト・スカンディウッツィ
演奏 メトロポリタン歌劇場管弦楽団&合唱団
指揮 ダニエレ・ガッティ
演出 ソニヤ・フリゼル

ヨハン・ボータ(Johan Botha, 1965年8月19日 - 2016年9月8日)
南アフリカ出身のテノール歌手
13歳で声楽を学びはじめ、1989年にルーテポート国立歌劇場『魔弾の射手』マックスでオペラデビュー。
それ以降はワーグナー、R.シュトラウス、ヴェルディ、プッチーニなどをレパートリーとし、世界屈指のヘルデンテノールとして活躍した。
51歳の若さで死去。