ロベルト・シューマン(Robert Schumann, 1810年~1856年)が作曲した「Er,der Herrlichste von allen」は連作歌曲「女の愛と生涯(Frauenliebe und Leben)」作品42の中の第2曲目です。
この歌曲集の詩はアデルベルト・フォン・シャミッソー(Adelbert von Chamisso, 1781年~1838年)によるものです。

「女の愛と生涯(Frauenliebe und Leben)」はシューマンの歌曲の年と呼ばれる1840年に作曲されています。
このシャミッソーの詩にはドイツの作曲家カール・レーヴェ(Carl Loewe, 1796年~1869年)も曲をつけています。

ここでは「Er,der Herrlichste von allen」の対訳や解説を紹介したいと思います。
それぞれの単語の意味も掲載していますので参考にしてください。

少し不自然ですが、あえて歌詞と対訳は行が対応するように、かつ単語の意味をなるべくそのまま載せています。
詩的な美しい対訳ではありませんがご了承ください。

「Er,der Herrlichste von allen」の名演

エディス・ウィーンズ(Edith Wiens)
カナダのソプラノ歌手

「Er,der Herrlichste von allen」の歌詞1

Er,der Herrlichste von allen,
Wie so milde,wie so gut!
Holde Lippen,klares Auge,
Heller Sinn und fester Mut.

「Er,der Herrlichste von allen」の対訳1

すべての中で最も素晴らしい人である彼、
なんてそれほどに穏やかで、なんてそれほどに良い人なの!
優美な唇、澄んだ瞳、
明るい心 そしてゆるぎのない勇気。

単語の意味

er/彼は
der/(英:the)
Herrlich/素晴らしい
von/~の
all/すべての
wie/なんて~
so/そのように、それほど
mild/寛大な、穏やかな
gut/良い、誠実な
hold/可愛らしい、優美な
Lippe/唇
klar/澄んだ
Auge/目、瞳
hell/明るい
Sinn/感覚、心
und/そして
fest/しっかりした、ゆるぎのない
Mut/勇気

「Er,der Herrlichste von allen」の歌詞2

So wie dort in blauer Tiefe,
Hell und herrlich,jener Stern,
Also er an meinem Himmel,
Hell und herrlich,hehr und fern.

「Er,der Herrlichste von allen」の対訳2

まるで青い深みの中のあそこで、
明るく輝くあの星のように
彼もまた私の空に、
明るく輝いている、気高い そして遠い(空に)

単語の意味

dort/あそこに
in/~の中に
blau/青い
Tiefe/深さ、深み
jener/あの
Stern/星
also/つまり
an/~に
meinem/私の
Himmel/空、天
hehr/気高い
fern/遠い、遠く離れた

「Er,der Herrlichste von allen」の歌詞3

Wandle,wandle deine Bahnen,
Nur betrachten deinen Schein,
Nur in Demut ihn betrachten,
Selig nur und traurig sein!

「Er,der Herrlichste von allen」の対訳3

歩いて行って、あなたの道を歩いて行って、
ただあなたの光だけをじっと見つめています、
ただ謙虚にそれだけをじっと見つめています、
この上ない幸せと悲しみを持って!
  

単語の意味

wandeln/ゆっくり歩く
deine/君の、あなたの
Bahn/道
nur/ただ~だけ
betrachten/じっと見る、眺める
deinen/君の、あなたの
Schein/光、輝き
Demut/謙虚
ihn/彼を、それを
selig/この上なく幸せな
traurig/悲しい
sein/(英:be動詞)

「Er,der Herrlichste von allen」の歌詞4

Höre nicht mein stilles Beten,
Deinem Glücke nur geweiht;
Darfst mich, nied’re Magd nicht kennen,
Hoher Stern der Herrlichkeit!

「Er,der Herrlichste von allen」の対訳4

私の静かな祈りを聞かないで、
あなたの幸せだけに捧げた(祈りを)
下級の女である私など知ってほしくありません、
栄光の気高い星には!

単語の意味

hören/聞こえる、聞く
nicht/~ない
mein/私の
still/静かな
Beten/祈り
deinem/君の、あなたの
Glück/幸運、幸せ
weihen/捧げる
dürfen/~してもよい、~して下さい
mich/私に
niedere/下級の、卑しい
Magd/女中、乙女
kennen/知っている、知り合いである
hoch/高い
Herrlichkeit/素晴らしさ、栄光

「Er,der Herrlichste von allen」の歌詞5

Nur die Würdigste von allen
Darf beglücken deine Wahl,
Und ich will die Hohe segnen,
Segnen viele tausendmal.

「Er,der Herrlichste von allen」の対訳5

ただすべての中で最もふさわしい女性だけが
あなたに選ばれて喜ぶことを許されているのです、
そして私はその気高い女性を祝福したい、
おおいに何度となく祝福したい。

単語の意味

die/(英:the)
Würdigste/威厳、品位、ふさわしさ
beglücken/幸福にする、喜ばせる
deine/君の、あなたの
Wahl/選択、選出されること
ich/私は、私が
wollen/~するつもりだ、~したい
segnen/祝福する
viel/多くの、たくさんの、おおいに
tausendmal/1000回、何度となく、何千回も

「Er,der Herrlichste von allen」の歌詞6

Will mich freuen dann und weinen,
Selig,selig bin ich dann,
Sollte mir das Herz auch brechen,
Brich,o Herz,was liegt daran?

「Er,der Herrlichste von allen」の対訳6

その時 私は喜び そして泣きたい、
この上なく幸せなのです、その時 私はこの上なく幸せなのです、
もしこの心が壊れるのであれば、
壊れなさい、おぉ心よ、それが何だというの?

単語の意味

freuen/喜ぶ
dann/その時
weinen/泣く
bin/(英:be動詞)
sollen/もし~ならば
mir/私に
das/(英:the)
Herz/心
auch/~さえも
brechen/折れる、壊れる
o/おぉ
was/何が、なぜ、どのように
liegen/ある、原因である
daran/それに、そのことにおいて

その他の「女の愛と生涯」の曲

1.Seit ich ihn gesehen
2.Er,der Herrlichste von allen
3.Ich kann’s nicht fassen,nicht glauben
4.Du Ring an meinem Finger
5.Helft mir,ihr Schwestern
6.Süßer Freund,du blickest
7.An meinem Herzen,an meiner Brust
8.Nun hast du mir den ersten Schmerz getan
※その他の「女の愛と生涯」の曲へは上記曲名をクリックしてください。