ミックスボイスでは「叫ぶ」ことも実は必要です。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ミックスボイスで叫ぼう。チェストボイスで叫ばない

ミックスボイスを出すためには「叫ばないこと」が大切であると、これまでに挙げました。
しかし、これは「チェストボイスで叫ばないこと」を指します。

ミックスボイスを一旦覚えると、そこから声量を上げていくためには「ミックスボイスで叫ぶ」ことが必要です。
(もちろん喉に負担のない方法です。喉を枯らすような叫びは厳禁です。)

難しいですが、「チェストボイスの筋肉を使わず」、「ミックスボイスの筋肉を使って」ミックスボイスを叫びます。
ミックスボイスの出し方を覚えたのならば、コツをつかめば「叫べる」ようになれると思います。

ミックスボイスで叫ぶ

ミックスボイスで声量を上げるには大きなエネルギーが必要です。

リラックスすることは大切ですが「力も入れずにミックスボイスを歌う」と、当然ですが力強い声は出ません。

声量のあるミックスボイスを出すには、大きなエネルギーがいります。

これはチェストボイスと全く同様です。
チェストボイスも大きな声を出すためには、ある程度のエネルギーが必要ですね。

ミックスボイスを覚えたあとは、怖がらずに声量のある声にアプローチしていきましょう。

※間違った発声は喉を痛めますので、信頼のおける方に聞いてもらってください。

ミックスボイスで叫ぶヒント

ミックスボイスは裏声の要素を含みます。
ですので、ミックスボイスで叫ぶヒントは裏声にも隠されています。

地声で腹式呼吸で「ハッハッハッ」とスタッカートで声を出してみてください。
多くの方が喉に負担を感じずに声を出せるはずです。
声に負担を感じる場合は、発声が間違っている恐れがあります。

それと同様に裏声でも腹式呼吸で「ハッハッハッ」とスタッカートで声を出してみてください。
自分が出せる精一杯の声量で裏声を出します。
「精一杯の声」がポイントです。
地声と同様、喉に負担を感じる場所で発声してはいけません。
このときの裏声は、声帯しっかりと閉じており息もれもありません。
キンキンとしていて金属音のような音色に近いものがあります。
うまく出せる人は、「近くにいる人が迷惑する」くらいに響く声が出るはずです。

その声が出せるようになったら、その音色を保ったまま少しずつ音程を下げていきます。
そして喚声点付近までキンキンとした裏声のままで降りてきます。

その感覚を活かして、実際の歌の時に叫んでみてください。
感覚が合うとミックスボイスの使い方がわかるかもしれません。

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座はこちらの目次からが便利です。

カテゴリー毎にまとめてありますので、他の記事も是非ご覧ください。

ボイストレーニングのご案内

ボイストレーニングをご希望の方はまずは体験レッスンにお越しくださいませ。

池袋(東京 豊島区)でボイトレ致します。

※出張レッスン(渋谷、新宿、大宮、横浜など)もございます。

レッスンのご案内

ボイトレお問い合わせ

自由に歌えるお手伝いができれば幸いです!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする