ミックスボイス発声時の感覚

シェアする

ここではミックスボイス発声時における一般的な感覚について取り上げてみます。
ミックスボイスと言うと特殊な印象を受けますので、高音をだすときの感覚と捉えていただいてもいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

地声=口腔内、裏声=上の方

チェストボイス(胸声・地声)で歌っているとき、「口から声が出ている感覚」があると思います。
話し声と近い感覚です。
男性の声が低い方などは「胸に声が響いている」感覚もあると思います。
チェストボイスと呼ばれる所以ですね。
反対に声の高い女性は口より少し上に響きを感じる場合もあると思います。

裏声は口からではなく「口の奥から上の方へ(頭の上または斜め後ろ)声が抜けている感覚」があると思います。
声が一か所に留まらず、遠くのほうへ飛んで行っているような感覚です。
もし裏声が口の中で渦巻いているような感覚ならば、裏声自体を力んだまま出している可能性があります。
そのときは裏声の感覚から掴む必要があります。
ヘッドボイスは頭に響きを感じることからその名で呼ばれています。
どのような発声がヘッドボイスを指すのかは、議論が別れますのでここでは省きます。

いずれも感覚ですので個人差はありますが、皆さんもこれに近い感覚があると思います。

チェストボイスが「胸から出ている。」
ヘッドボイスも「前方に出ている。」
と感じる人も中にはいるでしょう。

ミックスボイスの感覚

ミックスボイスは口腔内の響き+上へ突き抜ける響き

しかし、ミックスボイスでの感覚は

①チェストボイスと同様に、口から声が出ている感覚があります。

そして

②チェストボイスではあまり感じられない「ヘッドボイスのような、上に突き抜ける感覚」もあります。

地声の感覚も、裏声の感覚も両方備えています。
ミックスボイスと言われる所以の一つかもしれません。

地声と全く同じ感覚ではミックスボイスは出ません。
また同様に裏声と全く同じようにもミックスボイスは出ません。

地声と同じ感覚のまま高音が出る人は、それは「ただ無理やり高音を出している」可能性もあります。
高音を歌うたびに負担を感じる場合は、違ったアプローチが必要かもしれません。

裏声の発声で声帯を閉じるとミックスボイスだという話もよく聞きます。
場合によってそれは「息漏れのない裏声」だけの可能性もあります。
もちろん正しい発声の可能性もありますが、裏声の声帯を閉じて完成と言うのは少しリスクがあります。
このような感覚で歌っている方は、信頼のおける第3者に一度聴いてもらうことをお勧めします。

また、ミックスボイスを見つけていない人がそれを初めて感じるときは、「今までとは違った独特な感覚」かもしれません。
その独特な状態を「地声もたくさん出していて」「裏声もたくさん出している」感覚だと言う人もいます。

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座はこちらの目次からが便利です。

カテゴリー毎にまとめてありますので、他の記事も是非ご覧ください。

ボイストレーニングのご案内

ボイストレーニングをご希望の方はまずは体験レッスンにお越しくださいませ。

池袋(東京 豊島区)でボイトレ致します。

※出張レッスン(渋谷、新宿、大宮、横浜など)もございます。

レッスンのご案内

ボイトレお問い合わせ

自由に歌えるお手伝いができれば幸いです!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする