ボイストレーニングをするに当たって、自分自身の身体の仕組みは知っているにこしたことはありません。
特に呼吸については、理屈を知っているだけでよい方向に行くこともあります。
体を正しい方向に動くことを「許して」あげることができるのです。

ここでは呼吸の際にに起こる、「横隔膜と肋骨の動き」について取り上げてみようと思います。

スポンサーリンク

呼吸をする時に横隔膜と肋骨が動きます。

横隔膜は呼吸のときに動いています。
それと同時に、肋骨も呼吸のときに動いています。

いわゆる「お腹に息を入れる」ように、息を思い切り吸ってみてください。
その時に肺を下に引き下げてくれるのが横隔膜です。
反対に、胸が大きく膨らむように、息を吸ってみてください。
このときに肺を外に広げてくれるのが胸の周りにある肋骨です。

呼吸では、横隔膜と肋骨の両方が動きます。
腹式呼吸では、胸はあまり動かさないようにしますが、胸の筋肉を固めてよいわけではありません。
「肋骨を自由に動けるように体を許してあげないと」効率的でエネルギーのある呼吸はすることができません。
胸郭は常に豊かに広げて、柔軟な状態で呼吸するようにしましょう。

※肋骨を大きく動かして呼吸することは、いわゆる「胸式呼吸」ですので避けてください。

呼吸の連動

骨盤底でも呼吸を感じましょう。

そして横隔膜と連動して動くのが、内臓と骨盤底です。

腹式呼吸をするとお腹の辺りに抵抗を感じます。
これは横隔膜が下まで押し付けられている証拠です。
実は、私たちは横隔膜の動きを直接感じることはできません。
骨盤底の動きから横隔膜の動きを認識するのです。

このお腹に抵抗を感じることが、歌うときの呼吸法を「腹式呼吸」と呼ぶ理由の一つでしょう。

具体的には下記図を参照してください。

スポンサーリンク

「普段の呼吸」と「歌の呼吸」は違う

最後に大切なことを一つ書きます。
「普段の呼吸」と「歌唱時の呼吸(腹式呼吸)」の大きな違いの一つは、「歌唱時に息をはくときは、胸部をあまり縮まず維持する働きをすること」です。

「普段の呼吸」では、息を吐くときは胸郭がどんどん縮んでいきます。
しかし「歌の呼吸(腹式呼吸)」では、息を吐いても縮まないように同じ状態を維持し続けます。
ある意味、自然の摂理とは逆の呼吸法かもしれません。

この呼吸法に慣れていない方は、歌う時はもちろん、普段の生活の中でも呼吸法を確認してみてください。
歌いながらの実践よりも、普段の呼吸のときの方が楽に腹式呼吸ができるはずです。

横隔膜

横隔膜2

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座はこちらの目次からが便利です。
ボイトレ講座(目次)
カテゴリー毎にまとめてありますので、他の記事も是非ご覧ください。

ボイストレーニングのご案内

池袋(東京 豊島区)でボイトレ致します。
※例外的に出張レッスン(渋谷、新宿、大宮、横浜など)もございます。
レッスン詳細
ボイトレお問い合わせ
スポンサーリンク