Hを歌詞に挟んで高音を出そう

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Hで声帯をリセットしよう。

Hを歌う合間に挟むことは声帯を一旦リセットし、緊張から解き放つ効果があります。
Hを出すときには、声帯を一度開かなければいけないからです。

ただしこれは、「音楽的に繋がらなくなったり」「歌詞を適切に伝えられなくなる」場合もありますので注意が必要です。

h

例えば
あ(A)→は(HA)
い(I)→ひ(HI)
のように発音します。
ただし完全に『は』『ひ』と聞き取られない程度にHを挟みます。

これを体が次第に緊張し歌いにくくなってきたときに試して見て下さい。
声帯を緊張からリセットさせやすくなります。

また、同じ原理として歌手から聞き取れるものに高音の発声があります。

様々な歌手の高音の発声をよく聞き比べてみてください。
歌手によっては高音を出す瞬間にHを挟んでいると思います。

これはリラックスして高音に望もうとするために、意識的または無意識的におこなっているものです。
歌の中での最高音で苦戦している方は、最高音にHを挟んでみてください。
楽に出せるようになるかもしれません。

癖にならないようHの入れ過ぎには注意しましょう。

ただし、これはあくまで上手くいかなくなったときの対処法です。
癖にすることは音楽的に良くありません。

Hが歌詞の中で頻繁に入ってしまうと、歌詞が何を言っているか理解できなくなります。
また聞き取れたとしても、言葉として不自然です。

大事なポイントでの特効薬のような役目として、最小限に使いたいですね。

普段のボイストレーニングで試しつつ、本番では適材適所で使ってください。

Hが息を流してくれることもある

Hはその他にも効果的なことがあります。

すべての声で常にHが混じっているように意識して歌ってみてください。
実際にHを入れたり、息漏れをさせたりするわけではありません。
あくまでHを脳に思い浮かべるだけです。

「ハー」と息だけを流してみると、喉が広がる感覚があると思います。
その感覚を歌っている途中にも感じるために、歌っているときに常にHを意識するわけです。
※実際に喉が広がるわけではありません。

上手くいくと首周りがリラックスできると思います。
その結果、歌声の音色が柔らかくなり、声をコントロールしやすくなると思います。
また喉の負担も少なくなるかもしれません。

言葉で表現することが難しいので、伝わりにくいかもしれません。
何となく感覚的に伝わった方はぜひ試してみてください。

このことは感覚的なことであるため、当ボイストレーニングでは実演で示しています。

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座はこちらの目次からが便利です。

カテゴリー毎にまとめてありますので、他の記事も是非ご覧ください。

ボイストレーニングのご案内

ボイストレーニングをご希望の方はまずは体験レッスンにお越しくださいませ。

池袋(東京 豊島区)でボイトレ致します。

※例外的に出張レッスン(渋谷、新宿、大宮、横浜など)もございます。

banner1

banner2

自由に歌えるお手伝いができれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事とスポンサーリンク