ミックスボイスの前にまず裏声

ミックスボイスはその名前の通り「地声」と「裏声」の2つの要素をもつ声です。

ですので、ミックスボイスの出し方を練習をする前にまずは裏声を練習しましょう。
「リラックスした状態で歌う」ことがポイントです。

地声(チェストボイス)は、普段から話し声で使っています。
そのため、裏声に比べコントロールしやすい傾向にあります。

もし地声がリラックスして出せない方は、まずは地声のみで練習してください。
地声で力んでしまう方の多くは、裏声でも力みやすいからです。

リラックスした地声と裏声を

それでは実際に練習をしてみましょう。
1オクターブで行き来して声を出してみてください。

「下の音程を地声」で、「上の音程を裏声」で歌います。

そのときに大切なコツは「リラックスした状態を保つこと」です。

インナーマッスルで歌う

低音から高音まで、全ての音域で「首の表面やあごの下の筋肉(アウターマッスル)」を使わないように特に注意してください。
インナーマッスルですべて歌います。

喉に意識を持っていき過ぎると、力んでしまう場合もあります。
反対に「喉をリラックスさせよう」と思いすぎた結果、力んでしまうこともあります。
バランスの取れた心地よく響くポイントを探してください。

これはすべてのボイストレーニングにおいて、重要なチェックポイントです。

力まないことが第一優先

裏声の息漏れは少ないにこしたことはありません。
しかし、力みによって息漏れがなくなる方法は「悪い癖」を生み出します。
十分に注意してください。
矛盾するようですが、息漏れがあり過ぎても力みの原因となることがあります。

リラックスすることが目的ですので、裏声に大きな声量は必要ありません。

ここで少し注意してほしいことは、「丁寧に歌いすぎて力んでしまう」こともあります。
リラックスして歌うことはとても大切です。
しかし歌うエネルギーが少なすぎると、歌う筋肉が足りない分をアウターマッスルで補ってしまうのです。
恐る恐る歌うのではなく、歌う筋肉はある程度使う必要があります。

地声と裏声の感覚

歌手は地声ではその名の通り、「胸の響き(口の中の響きも)」を感じます。

一方裏声(ファルセット,ヘッドボイス)もその名の通り「頭の上へ突き抜ける感覚」があります。
この弱々しい声の延長に力強いヘッドボイスもあります。

ミックスボイスには両方の感覚が必要です。
・高音になるほど、
・声量が上がるほど、
「突き抜ける感覚」がより強くなる傾向があります。

音を感じる体の場所も意識して、ボイストレーニングをしてみてください。

ボイトレ講座(目次)

ボイトレ講座はこちらの目次からが便利です。
ボイトレ講座(目次)
カテゴリー毎にまとめてありますので、他の記事も是非ご覧ください。

ボイストレーニングのご案内

池袋(東京 豊島区)でボイトレ致します。
※例外的に出張レッスン(渋谷、新宿、大宮、横浜など)もございます。
レッスン詳細
ボイトレお問い合わせ